初七日。
もう、ネガティブな投稿は出来ればしたくない、と思っているのですが。


すいません、もう1度だけ。


先週の、水曜のことでした。
15時過ぎ、頃でしょうか。ケージから出てぱたっと倒れていました。

え?!と思い、抱きかかえると、いつもと明らかに違います。動きません。ぴくりとも。
何度大声で名前を呼んでも、ぴくりともしません。



おいおい泣き叫びながら、しっかりと抱きかかえて外へ飛び出して。
自転車に乗せるには、あまりにくたっ、としていて。

慌ててタクシーを呼んで。


タクシーの運転手さんは、住宅街の一方通行の勝手が分からずオロオロ。

「そこ右です」「まっすぐです」という、僕の錯乱混じりの指示に優しく対応して下さいました。



そして何とか辿り着いたのは、フーラが晩年とてもお世話になった動物病院。
以前、そこに泊めてもらって、点滴も打ってもらって。

びっくりするくらい調子が良くなった病院。


先生にそっと、手渡す。



様子を見てきっとすぐに判ったんだろう。
それでも、何度かフーラに聴診器を当てて、

とても、言いにくそうに。でもとてもおだやかな口調で。

「あ。もう...これは...何というか。亡くなっていますね」




そしてそこから。どれくらいの時間だったのでしょう。

先生は何度も身体を撫でたり、嘔吐物を取り除いたりしながら。

「最後ね、美味しいもんいっぱい食べてね。一緒に過ごしてね。楽しかった、嬉しかったと思いますよ」と。


何度も何度も言って下さった。




そして、「じゃあ、出来るだけ奇麗にしますからね」と。

フーラを連れて奥の部屋へ入って行った。




それが2014年1月29日の出来事。

今日でちょうど1週間。




悲しみは、癒えるどころか、増すばかりの日々。



いろんな方から頂いたお花、その日僕が混乱の中、ばたばたと買い揃えたお花やローソクに囲まれて。

とりあえず1週間、暮らして来た。



これからのことは、またこれから考える。









| WORKS | 馬場一嘉 | 23:47 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<   11 - 2017   >>
COMMENTS
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥