facebookの件なんです。
どうも、昨日Facebookに投稿した「なんでもかんでもいいね!を押さないで下さい」というpostに対して、余計なご心配をかけてしまっている方が多いようで。
発言に配慮が足りなかったのかな、と口惜しい思いでいっぱいです。


基本的に、メッセージやメール下さってるフレンドの方にそんな事は思った事ございませんのでどうかお気になさらないで下さい。
もういいねはつけません、などというメールなども頂いてしまって、心苦しい限りです。

そんなつもりでは全く無いのですが。
自分が投稿したものに対して(僕の場合、Twitterから同時にpostしているものも多いのですが)反応があるのは当然ながら嬉しいことです。

投稿を読んで、何かを思ったり感じて下さったのならぜひ今後も気楽にいいね!を付けて頂きたい、ただそれだけの話なんですが。


しかし、基本的にTwitterにしてもFBにしても、仕事上の情報発信源、という基本姿勢があります。ただFBは特にその性質上、同級生や旧い友人達と繋がることも多いので、確かにその限りでは無いのですが。

それでもやはり、基本的には例えばファンの方、リスナーの方へ向けての情報としての発言を意識していることが正直多いです。

いろんなニュアンスを含んでいる、それら僕の投稿の全てに、関係ある話題であろうがあるまいが、なんでもかんでも即座にいいね!を押して来る、それはどう考えてもpostの内容を読んでないで、ただ通知が来たから押してる、としか思えないですよ。

僕が言っているのはそこです。

postに対して何か思うところがあった、でもコメントするまでには至らない、もしくはその時間が無い、だからいいね!を押しました、というのは当然の行為でしょう。
僕が押す、いいね!もそういうことが多いです。
ただ「読みました」という合図にいいね!を押す方もいるでしょう。

全然、それで良いと思うんです。

ただ困るのは、ろくに読んでもいなければ理解もしていないのにただ「ああ、あいつが投稿したんだ」っていう通知がスマホに来たからって、そこにどんどん、なんでもかんでもいいね!を押されても。
何のコミュニケーションにもならないし、こちらとしてはオオカミ男的な。
ああ、理解し合えないんだな、というがっかり感しか産まれないです。

あのー、敢えてSNSからブログに飛ぶ形を取らせて頂きます。
そこまでの手順を踏まえて下さる方にだけご理解頂ければ良い、と思っているので。

もう一度言いますが、仕事関係、友人関係の皆様、そしてファンの方々に、そんなことを感じているわけでは一切ございませんので。
余計なご心配をおかけした皆様には、本当に申し訳ない想いです。

| WORKS | 馬場一嘉 | 09:12 | comments (0) | trackback (x) |
コメント
コメントする









  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<   11 - 2017   >>
COMMENTS
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥