やったぁ。
馬場俊英さんのニューアルバム 「青春映画が好きだった」

オリコンデイリーチャート8位!!!

やべぇ、ちょっと泣きました。

アレンジャーの五十嵐くんから依頼を受けて、レコーディングに参加させて頂き。
一発でその人柄と「ただ君を待つ」の歌詞とメロディにヤラレて。
もちろん同姓のよしみもあり、共通の知人も多くおり、以前から存じ上げてはいたんですが。

そしてその後、日テレのイベントライブのサポートでご一緒させて頂いて。
以前の曲を資料として頂いて聴いては、ますますその想いは深まりw

本番の日を迎え、汐留の会場が一体となって「ピース!」をするその光景に、涙があふれんばかりになり。
興奮のあまり、リハで入念に打ち合わせたキッカケをしくじり。(馬場さん、すいませんでした・・)

HPなどでいろんなエピソードや、彼に関する文献を読めば読むほど、その愛は深まりww

というわけで、すっかりただのワンフです。

でも。地道に、堅実に、ひとつのことを信じてやり続けてきた、確かな証だと思います。
とある日、ひょこっと乗ったタクシーの、AMラジオで誰かが喋っていて「どっかで聴いた声だなあ」と思ったら馬場さんで。
音楽なんて、演歌以外はまるで縁がなさそうな運転手さんが「この馬場って人、なかなか苦労人なんだねぇ」と話しかけてきた。
似たようなことがここ数年、何度かあった。
そしてここんところの、大ブレイクの予兆。「僕らの音楽」での、異例の大抜擢。
レコードメーカーが、一丸となって彼の音楽を日本全国の隅々にまで届けよう、と一生懸命動いていることがよくわかる。
彼は最初のメジャー契約が切れて数年間、インディーズで自分でチラシから何から作って、流通も自分でやっていたらしい。
ちっちゃな地方のタウン紙やAMラジオ、ローカル番組、いろんなところもコツコツ回って来てたはず。通販では自分でCDを包装して送っていたらしい。
それらの点がすべて、線になって繋がった瞬間。

すべては、馬場さん自身が切り開いてきたこと、なんですね。
良い曲を書くこと。良いライブをすること。応援してくれる人の信頼を裏切らないこと。日々を怠らないこと・・・。

そして、今日もそんな風にきっと生きてるはず、と確信出来るアーティストの友人が、僕には数人います。
その人たちは、みんな僕にとっての誇りであるし、その人たちがいたからこそ今日の僕があると思っています。

そして僕も。まだ全然手探りで、もごもごしてる状態で。でも、なんとか生きています。

馬場さんに負けないようにしないと。頑張ろ。

| WORKS | 馬場一嘉 | 03:57 | comments (2) | trackback (0) |
コメント
中年の星?!w

ものすご若々しいですよね。

・・って同い年だけどw
| BABI | EMAIL | URL | 07/09/21 00:26 | /xKWk1dM |
昨日タワレコに行ったら特設コーナーで馬場さんのPV(多分、最近のやつ)が流れていて、しばらく見入っていました。「中年の星」みたいに言われてますが、全然「青年」っぽいなーと思いました。
| yagi_t | EMAIL | URL | 07/09/20 12:08 | jD06sFxU |
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.realrox.com/kazuyoshi_baba/blog/tb.php/12
トラックバック

  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<   11 - 2017   >>
COMMENTS
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥